都会の部屋探し

東京や大阪などの都会で一人暮らしを始めようと思うと、なかなか費用がかかることがわかります。都会は家賃の相場が高めということに加えて、初期費用としての敷金礼金などが発生するためお財布には大きなダメージが直撃してしまいます。学生さんや、手取りの給料が少ない社会人にとっては、引越しをするまでに大きな決意が必要になるでしょう。

最近では、アパートやマンションの空室をできるだけ避けようとした敷金礼金無しの「ゼロゼロ物件」という物件も増えてきましたが、それでも引越し代金や家具・家電の購入費など、1から一人暮らしを始める際には数十万単位での出費を覚悟しなければいけません。その点、シェアハウスは多くの場合、家具や家電といった生活に必要なものがある程度揃っており、敷金や礼金といった初期費用不要です。手取りが少なく、仕事が変わる可能性のある非正規社員にとっては気軽に安く引越しをすることができる点もシェアハウスが人気になった理由の1つと考えられます。

テレビドラマなどの影響もあって、特に20代から30代向けのシェアハウス女性のための物件は人気になっています。人気の理由には家賃がワンルームと比べて安価なところが多いことに加え、共有部のリビングやキッチンが広々としていることや、帰宅すると誰かが家にいるという安心感やセキュリティ面でも一人よりは多くの人と一緒に暮らした方が安全だと思う人が増えているようです。

当サイトでは、部屋探しの際に安く暮らせる物件としてシェアハウスを選択することについて紹介しています。

Pocket